「Web面接の実態調査」 98%の企業がWeb面接対策を実施

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月28日
2081918_800

転職サービス「doda(デューダ)」は10月25日、「Web面接の実態調査」の結果を発表した。本調査は、採用業務に携わる1,836人および雇用形態が正社員である22歳~59歳までのビジネスパーソン15,000人を対象に実施したもの。

採用担当者が感じる「Web面接」のメリット・デメリットとは?

「dodaエージェントサービス」によると、2021年7月時点で、Web面接に対応している求人案件は63.8%。2020年8月時点では38.4%だったことを踏まえると、約1年ほどでオンラインでの面接を取り入れる企業が大幅に増加したことがわかる。

「Web面接可」の求人割合

企業の採用担当者が感じるWeb面接のメリットとして、最も多く挙げられた回答は「感染症対策になる(72.5%)」。次いで、「地方在住者など転職希望者の間口を拡大できる(70.0%)」、「日程調整がしやすい(67.8%)」という結果となった。そのほか、ITリテラシーをある程度、把握することができるなどの意見も寄せられた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス