アスクル、DX人材比率16%をめざし従業員向け教育・研修プログラム開始 人事・技術部門が連携

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月16日
20210916_dx

アスクルは9月7日、「ASKUL DX ACADEMY(以下、アスクルDXアカデミー)」の開校を発表した。同アカデミーは、同社の従業員を対象に、DX人材育成強化の研修プログラムを実施するもの。

人材採用を進める人事部門とDX戦略を進めるテクノロジー部門が連携して開校。本プログラムの開始から3年で、同社の中級レベル以上のDX人材の構成比をクリティカル・マスの16%以上に高めることを目標としている。

全社員を対象にDX力を底上げ

同社は、科学・技術・工学・芸術・数学の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念を掲げ、本プログラムを策定。データドリブンやテクノロジードリブンに精通している社員だけでなく、データやテクノロジーに苦手意識がある社員でも基礎から学習に取り組める内容とし、DXを体系的に学ぶことを目指している。

STEAMモデル
STEAM(科学・技術・工学・芸術・数学の5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語)モデル

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス