協力企業と連携し、スマートシティ推進で住民の健康増進 阪南市で実証プロジェクト開始

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月29日
20211029_smartcity

大阪府が参加する「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」(大阪市)が10月27日、大阪府阪南市において「スマートヘルスシティ」に向けた取り組みを本格的にスタートすると発表した。第1期プロジェクトとして、トーマツ(東京都千代田区)をプロジェクトコーディネーターとして協力企業と連携し、ICTおよびPHRを利活用した新しいヘルスケアサービスの実証に取り組む。

コーディネーター企業を中心にシビックテックや府内市町村と連携

「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」は、大阪府のほか府内43市町村、企業、シビックテック、大学等で構成。大阪府や府内市町村が抱える地域・社会課題の解決に向け、コーディネーター企業等を中心に7分野においてスマートシティの取り組みを推進している。現在292の法人会員(9月時点)がおり、活動に参加する企業を広く募集している。参加企業一覧はこちらから確認できる。

トーマツはスマートヘルスシティのコーディネーター企業として、大阪府内の市町村が抱える「健康寿命の延伸」や「医療費の適正化」をはじめとした健康医療の課題解決に取り組んでいる。今回は、阪南市を実証フィールドに、ICTおよびPHR(パーソナル・ヘルス・レコード)を利活用した新しいヘルスケアサービスについて検証を行う。

ICTやPHRを活用して、市の健康医療の課題解決を目指す

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス