3ステップで進める! 単価を下げない、インフレ時代のコスト削減術

株式会社プロレド・パートナーズ コンサルティング第1本部 ファシリティユニット 坂井 圭輔
最終更新日:
2022年09月16日
20220907_01

ロシアによるウクライナ侵攻などを背景に、原材料費、光熱費、運搬費、人件費といった費用の多くが上昇傾向にあり、40年ぶりともいわれるインフレが到来しています。そういった売上原価の上昇分を、全て自社製品・サービスの販売価格に転嫁する企業はごく少数ではないでしょうか。このような状況下で営業利益を確保していくためには、コスト削減が急務です。インフレ時代でも実現可能なコスト削減へのアプローチを、事例を交えてご紹介します。

単価引き下げ以外のコスト削減手法

インフレ時代でも有効なコスト削減アプローチとして、仕様最適化という手法があります。世の中のコスト構造の多くは、「単価 ×数量」に分解することができます。電気代であれば「kWh単価×使用量」、印刷費であれば「1枚当たり単価×枚数」、警備料金なら「時間単価×警備時間」といった様相です。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

k-sakai

株式会社プロレド・パートナーズ コンサルティング第1本部 ファシリティユニット
坂井 圭輔

専門商社にて、自動車用鋼材の流通、加工等のサプライチェーン全体の管理、改善に携わる。その後、キャッシュマネジメントシステム構築による資金効率化等のバックオフィス業務も経験。商社での改善・効率化にかかわるさまざまな経験を生かし、現在は株式会社プロレド・パートナーズにて仕様最適化によるコスト削減プロジェクトを担当するコンサルタントを務める。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス