目印や色分け、ナッジで職場の危険を「見える化」取り組み1042件 22年度安全活動コンクール

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年02月28日
ogp20230228tu_1

厚生労働省は2月27日、労働災害防止に向けた企業等の創意工夫のある取り組みを表彰する「2022年度『見える』安全活動コンクール」の優良事例を決定し発表した。

今年度は1042件の応募の中から、80件が優良事例として決定。日本精工(東京都品川区)のイラストや床の目印で歩行者に注意喚起する歩行者衝突・転倒災害防止や、ササキ(山梨県韮崎市)の高年齢従業員が基礎体力を実感してもらう取り組みなどが選ばれた。

業界・職種を問わず幅広い取り組みから選出 2021年度からはナッジ活用事例も対象に

同コンクールは、オフィスや事業場での取り組み事例を広く募集し、一般投票などにより優良事例を選出する。前回から、新たにナッジを活用した「見える化」の事例を追加し、以下全9部門で実施している。

  • 転倒災害及び腰痛を防ぐための「見える化」(14事例)
  • 高年齢労働者の特性等に配慮した労働災害防止の「見える化」(5事例)
  • ナッジを活用した「見える化」(13事例)
  • 外国人労働者、非正規雇用労働者の労働災害を防止するための「見える化」(6事例)
  • 熱中症を予防するための「見える化」(7事例)
  • メンタルヘルス不調を予防するための「見える化」(3事例)
  • 化学物質による危険有害性の「見える化」(3事例)
  • 通勤、仕事中の健康づくりや運動の「見える化」(5事例)
  • その他の危険有害性情報の「見える化」(24事例)

主な取り組みは以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス