共働きの被扶養者の認定で「年間収入」の考え方が変更 育児休暇で年収が逆転する夫婦も手続き不要に

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月25日
20210825_m

日本年金機構のホームページに掲載されている「日本年金機構からのお知らせ」が8月20日に更新された。

同発表によると、事業主向けの周知事項として、「夫婦ともに収入がある場合の被扶養者の認定」について「年間収入」の考え方が変更された。また、医療職がワクチン接種業務に従事した際の収入は、被扶養者としての年間収入に含めないことなどが発表されている。

夫婦ともに収入がある場合の被扶養者認定、年間収入の考え方が変更

夫婦ともに収入がある場合の被扶養者認定事務については、主に以下の2点が改正された。すでに認定が行われた人の同改正に伴う再申請は不要。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス