企業のプライバシーに関する取り組み、推進状況に課題 経産省調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月19日
20211018_privacy

経済産業省および総務省が10月18日、企業向け・消費者向けに実施した「プライバシーガバナンスに関するアンケート結果」(速報版)を公開した。

同アンケートの結果、約6割の企業が「企業自身がプライバシーへの取り組みを発信することで、少なからず消費者の消費行動に影響を与えることができる」と考えていることが判明。また、プライバシーに関する姿勢の明文化・保護責任者の設置・保護組織など内部体制の構築に関しては、約半数の企業が現在取り組んでいる一方、「外部の有識者などの第三者に意見を聞く」「ルールの策定」「社内研修」等に関しては、取り組みがあまり進んでいないことがわかった。

約6割の企業は保護責任者を設置済

「プライバシーへの取組を発信することで、顧客の消費行動にどの程度影響を与えることができると思いますか?」という問いに対し、58.7%の企業が「影響を及ぼすことができる」と回答している(「多少影響を及ぼすことができると思う」との合計)。

プライバシーに関する企業の取り組み円グラフ

プライバシーに関する姿勢や行動原則の明文化(51.9%)、保護責任者の設置(59.1%)、保護組織など内部体制の構築(52.6%)に関しては、半数以上の企業が現在取り組んでいる。

一方、「外部の有識者などの第三者に意見を聞く」(21.3%)、「運用ルールの策定および社内周知」(38.8%)、「社内研修」(28.9%)に関する取り組みはあまり進んでいない。いずれも消費者の過半数が評価する取り組みにもかかわらず、企業の実際の推進状況は大きくかけ離れていることがわかった。

プライバシーに関する企業の取り組みに対する消費者の評価

約4分の3の企業がガイドブックの内容を「知らない」

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス