2021年にランサムウエア攻撃を受けた企業は約25%、そのうち約34%は甚大な影響 民間調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年07月06日
20220317_1ogp

タレスジャパン(東京都港区)は7月5日、世界17か国の経営幹部を対象にしたセキュリティ対策の調査で、日本の回答企業の4社に1社が2021年にランサムウエア攻撃を経験していたことが明らかになった。

事業活動に影響を与えうるセキュリティ攻撃に備え、行動計画を立てるべき

同調査によると、ランサムウエア攻撃を受けたと答えた人の割合は日本で25%(世界21%)。攻撃された回答者のうち34%は事業活動に甚大な影響を受けており、22%はデータにかけられた身代金を支払ったか、支払おうとしたこともわかった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス