「育休とって申し訳ない」トヨタ、パートナー育休100%目指し、当事者の挑戦をショート動画化

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月27日
ogp20231127tu_2

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は11月22日、勤労感謝の日を前に、育休の実態に迫るドキュメンタリー動画「育休って休むこと?」を公開した。

育休ドキュメンタリーで見えてきた実態とは?

この作品は、育休に取り組んだ社員がどのようなチャレンジをして、どのような経験を得たかを描く約3分のショート動画。育休を取得したくても、取得できないのはなぜなのか。実際に育休を取得した3人の男性社員とその家族の取材を通じて、見えてきた実態を描いている。

作品の中では、「子育て以上に大切なプロジェクトは、世の中にない」という力強いメッセージも
作品の中では、「子育て以上に大切なプロジェクトは、世の中にない」という力強いメッセージも

見どころは、男性社員の意外な告白。育休を勧められても「申し訳ない」と感じていた状況が明らかになる。また作品の中では、女性ならでは視点から育休のメリットも語られている。

同社は今回、「育休が当たり前のものになっていくためには周囲の理解も必要」という考え方の下、育休取得を考えている人や育休制度を詳しく知らない人をターゲットに、この動画を制作した。同作品を通じて、育休取得や制度に興味を持つきっかけにしてほしいと呼び掛ける。

なお、この取り組みは、トヨタが推進する「#CHANGEトヨタのサステナビリティ」の一環として実施されたもの。

産後パートナー育休など多様な選択肢を提供 パートナー育休取得率は0.8%から約49%に拡大

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス