職場のトイレ、性自認に沿った利用OKが7割超なのに4割が利用できていない理由は? 民間調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年06月09日
20230609ogp_l

LIXIL(東京都品川区)が6月8日、オフィスでのトランスジェンダーのトイレ利用実態についての調査結果を発表。性自認に沿ってオフィスのトイレを利用することに抵抗がない人の割合は7割を超えることが明らかになった。

公共施設より、オフィスの方が抵抗はないと感じる人が多い

トランスジェンダーが、オフィスのトイレを、性自認に沿って利用することについて「抵抗はない」と回答したシスジェンダー(性自認と出生時に付けられた性別が一致している人)の割合は71.5%(抵抗はない、どちらかといえば抵抗はない、の合計)。不特定多数が利用する、駅やショッピングモールなどの公共施設(同66.9%)に比べても、その割合は4ポイント以上高い。

中でも、オフィスのトイレ利用について「抵抗はない」と答えた人の割合が11.9ポイントと、5年前の調査に比べて大幅に増加。性自認に沿ったトイレ利用に対する意識の変化が数値として現れた。一方で、「抵抗がある」意思を示す人も約1割いる(10.1%)。

20230609_l1
あなたが利用しているトイレと同じトイレを、トランスジェンダーの人が性自認(心の性別)に沿って利用することについて、どう思いますか?

研修受講経験があると「抵抗がない」傾向が高まるが

「LGBT等性的マイノリティ」に関する研修やセミナーなどを受けたことのある人は、トランスジェンダーが性自認に沿ってトイレを利用することに対して「抵抗はない」傾向が高い。

だが、研修などの受講経験者は、シスジェンダー全体の約1割(12.8%)にとどまる。

20230609_l2

職場で「利用したいトイレ」が利用できないのは4割 その理由は?

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス