日本女性の半数が「職場でハラスメントや差別を受けた」それでも報告しない理由は

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年07月10日
ogp20230710tu_2

デロイトトーマツグループ(東京都千代田区)は7月7日、世界各地で働く女性や職場が抱える課題を調査した「Women@Work2023:AGlobalOutlook」の日本版を発表した。

調査によると、最近1年間でハラスメントやマイクロアグレッション(日常の言動に表れる見くだしや差別・否定的な態度。無意識の偏見や無理解、差別に基づいて起こるとされる)といった「インクルーシブでない行動を経験した」と回答した日本の女性は2022年よりも減少したが、49%(グローバルでは44%)となった。また、そのうち約3割の人は、キャリアへの影響や行動の悪化を理由に、企業に報告していないことが明らかになった。

また、リモートワークについて、フレキシブルに働きたいと意思表示しているにもかかわらず、出社を要求される割合が昨年から増加していることもわかった。

インクルーシブでないと感じる行動上位は、男性と比べ「発言する機会が少ない」「話をしても遮られる・聞き流される」

「インクルーシブでない行動を経験した」と回答した日本の女性は49%とほぼ半数。グローバル平均と同様、2022年よりも減少した。

こうした行動を「報告した」と回答したのは、マイクロアグレッションで36%、嫌がらせでは46%と、いずれも半数に満たない。これらの経験を企業に報告しなかった理由の上位には、以下の要因が挙がっている。

  • 報告するほど深刻とは感じなかった(36%)
  • 報告することが、キャリアに悪影響を及ぼすのではないかと感じた(15%)
  • 報告することによって、行動が悪化するのではないかと感じた(12%)

過去1年間に受けたハラスメントまたはマイクロアグレッションについて

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス