セイノーHD、MKタクシー、ユニクロ コロナ禍の中断を経て海外研修・インターン派遣を再開

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年10月31日
ogp20231031na_1

セイノーホールディングス株式会社(岐阜県大垣市)は10月30日、コロナ禍で中断していた海外研修制度「グローバルトレーニー」を再開すると発表した。

タイ、インドネシアの現地法人に赴任 実務に従事しながら成長を促す

同社では国際事業をけん引できる人材育成を目的に、2014年からグローバルトレーニー制度を実施してきた。

公募制で入社後1年が経過した社員であれば、誰でも応募が可能だ。制度開始以来、これまでに10人が参加し、研修終了後は国際部門やロジスティクス部門で勤務する。今年度は選考の結果、2017年入社の本社経理部の社員と2021年入社の支店勤務の社員が選ばれた。

対象に選ばれた社員は1年間、それぞれタイ、インドネシアの現地法人に赴任する。現地法人で、営業支援や現場の業務改善、作業マニュアル作りといった実務を任せることで、同社は社員に海外でしか得られない経験を積ませ、成長に結びつけたい考えだ。

たとえば、約5500台のトラックが運行しているインドネシアの現地法人に赴任したグローバルトレーニーは、同社が日本で提供するサービスの品質や輸送技術などを現地スタッフに伝え、現地の法律や商習慣を学ぶ。

MKタクシーやユニクロ、海外での企業研修やインターンシップに再開の動き

コロナ禍で中止されていた企業の海外研修やインターンシップが再開の兆しを見せている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス