人事・総務に与えるIFRS(国際会計基準)の影響

西村公認会計士事務所  代表 西村 光子
最終更新日:
2011年07月11日

IFRS強制適用に関しまして、日本でも2年前よりヒートアップしてきましたが、ここのところ、足踏み状態になってきました。

米国がIFRSを適用するということで、日本を含め他国も追随しようとしましたが、米国のIFRS全面適用の姿勢から変化が生じ始めました。インド等のアジアの国もIFRS適用を延期にしています。日本も震災による影響、会社法及び税制等、そして、コスト面を考慮して、当初ささやかれていました2015年3月期からの適用はありません。 IFRSが適用されますと、人事・総務の方にも少なからず影響があるため、今回はその点を簡単にご説明します。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

nishimura_photo

西村公認会計士事務所  代表
西村 光子

プロフィール
大学(専攻:法学部)卒業後、大手銀行にて融資業務等を経験する。日本の公認会計士試験合格後、Big4の一角にあたる監査法人にて、法定監査・内部統制等に携わった後、IFRS早期適用会社にて、連結決算・開示・IFRSを経験。

保有資格
・公認会計士(CPA)
・公認内部監査人(CIA)

コメント
監査法人及び事業会社勤務時に、「監査」「経理」を通じまして、「総務」「人事」の方と携わってきました。印象としましては、「総務」「人事」の方も会計に大変ご興味があり、そういった視点で、業務に直結する会計の情報をご提供出来ればと考えております。

関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス