総務部のDXを成功させるには? クラウド型サービスの選定で押さえておくべき7つのポイント

株式会社プロレド・パートナーズ 高橋 健太
最終更新日:
2022年10月12日
20221003_01

VUCA時代と呼ばれ、先の読めない状況が続く中、優先度や遂行難度が高いコア業務に集中するためにも、総務部が抱える定型業務の効率化は喫緊の課題です。これらの課題の代表的な解決策としては、システム導入によるDXが挙げられます。本稿では、クラウド型サービス(SaaS)の導入によって総務部業務のDXを成功させるための方法について解説します。

クラウド型サービスの選択ミスで改善活動が台なしに!

昨今、数多くの業務支援システムが開発・提供されるようになりました。そのため、機能ごとに細分化されたサービスが乱立し、勤怠管理システム一つを取っても相当数の選択肢が考えられる状況です(図表)。

また、せっかく工数や初期費用を費やすのであれば、効果の最大化のためには単なるIT化やデジタル化にとどまらない、抜本的な業務改革を実行しなければなりません。DX推進における多くの企業に共通する課題とは、選定の困難さからサービスの導入が行われないか、導入サービスが自社にとって最適でないために業務改善が進まず十分な効果が上がっていない、という2つに大別されます。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・当メディア主催の総務実務の勉強会や交流会などのイベントにご優待
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

画像なし

株式会社プロレド・パートナーズ
高橋 健太

大学卒業後、株式会社プロレド・パートナーズに新卒入社。都市ガス・産業ガス等エネルギー領域専門のコストマネジメントのコンサルタントを経て、現在は企業支出管理サービス「Pro-Sign」のサービス企画・デジタルマーケティング等を担当。主に新規機能の検討や実装のマネジメント、ウェブマーケティング等を行う。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス