日本交通とノバルティス、タクシー乗務員の高血圧対策で連携 社内講習会や一般向け啓発活動を実施

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年07月09日
ogp20240709na_2

日本交通(東京都千代田区)とノバルティスファーマ(東京都港区)は7月8日、タクシー乗務員の高血圧対策で業務連携することで合意したと発表した。

日本交通はタクシー乗務員の高血圧対策をはじめとした健康課題と向き合うことで、タクシーを利用者の安全安心につなげたい考えだ。

高血圧対策講習会を7月下旬に実施

連携の具体的な取り組みの第一弾として、2社共催で7月下旬に日本交通のタクシー乗務員向けに高血圧対策をテーマにした講習会を実施する。

また、2社で高血圧対策に取り組むことで、血圧に起因する疾患の予防・早期発見・早期治療を促進し、タクシー乗務員の健康課題の解消を目指すほか、公式ウェブサイトや公式SNSを通じて、タクシー乗務員だけでなく、一般向けに高血圧対策の重要性を発信していく予定だ。

日本交通では、これまで「社員が健康でなければ安全は提供できない」という考えの下、無呼吸症候群簡易検査の実施、血圧測定の強化、脳ドック受診の推奨といったタクシー乗務員の健康管理を強化してきた。

不規則な食生活で血圧コントロールが難しいタクシー乗務員、連携で対策強化へ

高血圧は適切な治療でコントロールが可能だが、タクシー乗務員は不規則な食生活など血圧コントロールが難しい環境におかれている。高血圧は意識障害など運転業務の支障につながるリスクもあり、日本交通ではこれまでも健康診断での検査などを実施してきた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス