第2回 富士ゼロックス914(富士ゼロックス株式会社)

最終更新日:
2012年09月05日

 ペーパーレス化ということがいわれて久しい。しかし、デスクから紙の束が消える気配がいまだないのはどういうことか。今も昔も変わらずオフィスにあり続ける書類だが、その作成の仕方には変遷がある。

 戦後の一時期まで、書類の作成は謄写版によるものと決まっていた。ロウ紙と呼ばれる原紙に鉄筆で文字を切って原版を作るこの簡易印刷方式は、19世紀末にトーマス・エジソンによって発明されたもので、すぐに日本でも改良型が開発されている。鉄筆で原稿を書く際のガリガリという音から、"ガリ版刷り"と呼ばれ親しまれてきた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス