社内広報担当者に必要な視点と行動

最終更新日:
2020年11月25日

社内広報担当者の役割を明確にした上で、実務上、特に意識したい行動を一般的な社内広報活動(社内報発行)に焦点を当てて解説します。

社内広報の担当者の役割


 社内広報担当者には、大きく3つの役割があります(図表1)。3つの役割を果たすことで、社内広報の成果創出に近づくことができます。


続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス