月刊総務プラス

『月刊総務』本誌記事:

【総務部門】11月の業務ポイントと行事

2019-10-28 12:45

文◎鈴木ひろみ/イラスト◎佐野繭子
koyomi1911.jpgクリックで拡大

◆11月の業務ポイント

▼人材開発促進月間、ゆとり創造月間、秋の全国火災予防運動などへの取り組み
▼年末調整のための準備(申告書の配布等)
▼賞与の決定と手続き
▼冬季保養施設の確保
▼歳暮贈答品の手配
▼年賀はがきの準備
▼カレンダー、手帳の配布準備
▼暖房器具の点検・整備
▼忘年会など、年末行事の企画準備
▼社内報の編集と発行


◆11月の月間&週間行事

▼11月1日-30日
・過労死等防止啓発月間(厚生労働省)
・人材開発促進月間(厚生労働省)
・テレワーク月間(テレワーク推進フォーラム)
・ねんきん月間(厚生労働省・日本年金機構)
・ゆとり創造月間(厚生労働省)
▼11月9日-15日
・秋の全国火災予防運動(消防庁)
▼11月11日-12月12日
・電池月間(電池工業会)


◆世界旅行気分

▼ハンガリー(Hungary)
hungary.png 中央ヨーロッパの共和制国家。オーストリアやルーマニア、クロアチアなどの国と国境を接する内陸国だ。首都ブダペストは町の中央をドナウ河が流れ、その夜景は「ドナウの真珠」と呼ばれるほどの美しさ。驚いたことに、ハンガリー人は日本人とルーツが同じだという。モンゴル系民族が東へ行ったのが日本人、西へ行ったのがハンガリー人なのだ。名前の表記が「姓→名」の順番だったり、赤ちゃんのお尻には蒙古斑があったり、同じルーツが垣間見られる。また、国内のあちこちに温泉があり、日本と同じ世界有数の温泉大国なのだ。
 ほかのヨーロッパの国々と比べて物価が安く、治安も良好、食事も日本人の舌に合うという。おまけにハンガリー人はほれぼれするような美女とイケメンぞ
ろい、と聞いたら......?


【DATA】(外務省HPより)
●人口:約980万人(2018年)
●面積:約9万3,000km2
●首都:ブダペスト
●言語:ハンガリー語


『月刊総務』2019年11月号P6より転載