若手社員が「ママ」「マスター」になって上司の悩みを聞く? 社内に「出張スナック」作ります

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月29日
ogp20230829na_b1

イナック(東京都荒川区)は8月29日、オフィスや工場でも実施できる「出張街中スナック」を実施すると発表した。現在、「出張街中スナック」の受け入れ企業を募集しており、8月30日には無料説明会を実施予定。

世代を超えたサードプレイス 交流を生む「街中スナック」

同社の展開する「街中スナック」は、コロナ禍での対面コミュニケーションの減少、高齢化や再開発などによる地域の変容といった流れの中で、若者からシニアまで世代を超えた「コミュニティ」「居場所」「サードプレイス」を提供することを目的に、地域貢献型を目的とした「新しい飲食店」として展開されている。

仕組みとしては、若者世代がスナックの「ママ」や「マスター」をつとめ、一般的なスナックに設置されているカラオケなどを置かずに、来店客同士、または「ママ」や「マスター」との会話が楽しめる飲食店をコンセプトに打ち出す。営業中にモニターを通じて全店舗と会話でき、ほかの街のママやマスター、来店客との対話も可能だ。

深酒防止やスタッフの健康にも配慮し、22時には閉店としているのも特徴だ。

「飲みニケーション」を現代版に 「街中スナック」を企業に展開

同社が「街中スナック」をオフィスや工場にも展開するのは、以下のような状況がオフィスや工場で起きているからだという。

  • 社外に飲みに誘うにはハードルが高い
  • 社内で自社で企画しても気を使って逆に疲れてしまう
  • 社内で企画をすると結局準備や片付けは若手や女性がやらされることでパワハラが発生
  • 社内での懇親会は仲の良い人と固まってしまう
  • 飲み屋で仕事の話をしたくてもコンプライアンス上話せない

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス