急な相談やカウンセリングの要請にも即応、産業保健専門職のオンラインシェアリングサービス

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月16日
ogp20231116tu_b3

エムステージ(東京都品川区)は11月15日より、人事労務担当者向け産業保健専門職オンラインシェアリングサービス「Sanpo保健室」の先行申し込み受付を開始した。同サービスでは、産業医や保健師、心理職といった専門職とあらかじめ顧問契約を結ぶことなく、社員の面談やカウンセリングを必要なとき受けられるチケット制のサービスだ。

専門職チームによる全11メニューを提供 オンライン相談でどこにいても受けられる

「Sanpo保健室」は、企業の状況に合わせて、11のメニューから相談内容を選び、産業医・保健師などの専門スタッフとオンライン面談できるサービス。

たとえば、以下のような場合に活用できる。

メニューは、面談時間が20分と50分の2タイプがあり、「健康相談・体調確認」や「ストレスチェック高ストレス者面談」、「予防的カウンセリング」なども受けられる。また、企業には個別のフィードバック(面談報告書の提出)を行う。人事労務担当者は、申し込みから最短30時間程度で面談を実施できる上、企業としてその後の対応にもつなげられる。

面談メニュー名 担当専門職名 面談時間 必要チケット数
面談メニュー相談 保健師 20分 1枚
健康診断後の保健指導 保健師 20分 1枚
健康相談・体調確認 保健師 20分 1枚
ストレスチェック高ストレス者面談 産業医 20分 2枚
長時間労働者面談 産業医 20分 2枚
予防的カウンセリング 心理職 50分 2枚
メンタルヘルスカウンセリング 心理職 50分 2枚
不調者面談 産業医 50分 5枚
休復職者面談 産業医 50分 5枚
休復職者体調確認 保健師 20分 1枚
休復職者カウンセリング 心理職 50分 2枚
相談メニューは全11種類

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス