福岡の「天神ビッグバン」のBCP対応オフィスビル、2022年冬竣工 CBREが賃貸管理等を受託

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月26日
202100826_b

CBRE(東京都千代田区)が8月18日、大名プロジェクト特定目的会社(福岡市)が福岡市中央区で手がける「旧大名小学校跡地活用事業」の開発施設のオフィス棟(2022年12月竣工)において、管理運営セットアップ業務、およびリーシングマネジメント業務をサポートしていることを明らかにした。

5〜16階のオフィスフロアはBCP対応

「旧大名小学校跡地活用事業」は、福岡市都心部に位置。同社によると、同プロジェクトは140年の歴史とともに幕を閉じた大名小学校の跡地となる約10,000平方メートルの広大な敷地に、新しい価値を生み出すグローバル創業都市・福岡を具現化する大規模複合開発。オフィス、ホテル、商業施設、住宅、創業支援施設、保育施設、広場、イベントホールなどから構成される。

5階から16階のオフィス部分は、ワンフロア約2,500平方メートル(約756坪)の面積を有する。同社の説明では、高いセキュリティ性能を備え、安全・安心の最新技術を採用した、BCP(事業継続計画)対応の福岡屈指のハイグレードオフィスになる予定だ。ホテル部分には、九州初となる「ザ・リッツ・カールトン」ブランドのラグジュアリーホテルの入居が予定されている。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス