「残業代が長時間労働と見合ってない」「介護休業が解雇扱いになっていた」など 労働相談の結果公表

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年01月06日
220106-2

厚生労働省は1月5日、「特別労働相談」で受け付けた相談結果において、長時間労働やパワハラに関する具体的な相談事例をウェブサイト上で示した。

「特別労働相談」は2021年11月6日に「過重労働解消キャンペーン」の一環として実施された。この日は労働者をはじめ、労働者の家族などから合計480件の相談が寄せられた。最も多い相談内容は「長時間労働・過重労働」(11.7%)。続いて「パワハラ」(10.0%)、「解雇・雇止め」(9.8%)、「賃金不払残業」(9.6%)、「休日・休暇」(8.3%)の順だった。

深刻な長時間労働や上司からのパワハラなどを訴える従業員

今回発表された資料には、下記のような具体的な相談事例が紹介されている。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR
  • Web会議の悩みは「テレキューブ」で解消! ポストコロナを見据えた会議室の在り方 PR
  • 「電話」が変われば働き方も変わる! 固定電話の悩みを解決 Teams電話でリモートワークを一気に加速 PR

特別企画、サービス