脱炭素経営と地球の未来

危機的状況の中から原点に戻り環境経営へ ―― 株式会社大川印刷

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月10日
202110_024_ogp

1990年代、バブルが崩壊して売り上げが一気に半減した株式会社大川印刷。そのいちばん苦しい時代に、同社は環境に配慮した経営へとかじを切った。脱炭素経営という言葉がもてはやされる今、パイオニア企業は何を思うのか。代表取締役社長の大川哲郎さんに、これまでの取り組みと課題を聞いた。

取材・文◎武田洋子

経営困難に直面し企業の存在意義に立ち返る

大川哲郎さん
代表取締役社長
大川哲郎さん

株式会社大川印刷は、1990年代後半から環境に配慮した経営に着手し、2004年には『本業を通じて社会的課題を解決できる会社を目指す』という意を込めた「ソーシャルプリンティングカンパニー®」を表明している。

1990年代後半の日本は、グローバルスタンダードという言葉が席巻していた。バブル経済の崩壊により日本的経営の非効率性が悪とされ、多くの企業がこれまでのように情やしがらみにとらわれず、1円でも安く仕入れ、1円でも高く売るビジネスへと転換していった時代だ。そうした風潮の中で、企業の社会的義務と責任を前面に打ち出した経営方針は、かなり先進的だった。

環境経営の先駆者ともいえる同社だが、代表取締役社長の大川哲郎さんは今でも、「目先の利益よりも持続可能な事業を選べたのは、経営的に余裕があったからでしょう」といわれるそうだ。しかし、実際は全く逆だった。

「バブル崩壊後、当社の売り上げは一気に半減し、このまま経営を続けることができるのか不安な状態に陥りました。経営のかじ取りについて余裕はなく、選択と集中を迫られる中で、私は自分が得意なこと、やりたいことを仕事に反映させようと思っただけなのです」

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス