脱炭素経営と地球の未来

2050年を目指して本気で挑むカーボンニュートラル ―― 株式会社オカムラ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月09日
202110_022_ogp

神奈川県に本社を構える株式会社オカムラは、オフィス家具や店舗用什器産業機械の製造・販売で知られる。今年6月、カーボンニュートラル実現に向けて「2050年CO2排出実質ゼロ」を目指すことを宣言した。目標達成への道のりを、サステナビリティ推進部のお2人に聞く。

取材・文◎武田洋子

水力発電でCO2排出を大幅削減

株式会社オカムラは、1990年代から環境対策に注力し、「GREEN WAVE」(環境配慮の波)を自ら起こすという考えの下、10年ごとに目指すべき方向性を示し、すべての事業活動で環境負荷の低減を実践してきた。活動の柱となるのは、「人が活きる環境の創造」「従業員の働きがいの追求」「地球環境への取り組み」「責任ある企業活動」の4分野だ(図表)。

オカムラグループのサステナビリティ重点課題4分野
サステナビリティ推進部 (左)サステナビリティ推進室 室長 遊佐 希美子さん (右)部長 関口 政宏さん
サステナビリティ推進部
(左)サステナビリティ推進室 室長
遊佐希美子さん

(右)部長
関口政宏さん

その1つ、地球環境への取り組みには3つの重点課題があり、気候変動への対応は最近特に注目されている課題である。同社は今年6月、2050年を見据えたカーボンニュートラル実現を目指すと宣言した。マイルストーンとして、2030年度のCO2排出量を、2020年度比で50%削減する。

同社では昨年、環境マネジメント室やCSR推進室など既存の部署を1つにしたサステナビリティ推進部を発足させている。これまでESGやSDGsなど、さまざまなテーマで企業活動をしてきたが、それらを統合して戦略的に企業価値の向上に取り組むためだ。部長の関口政宏さんに、カーボンニュートラル宣言の背景を聞いた。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは「月刊総務プレミアム」をご契約の会員様のみお読みいただけます。

  • ・さらに有益な付加価値の高い有料記事が読み放題
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツも割引価格でご利用可能に
  • ・「月刊総務デジタルマガジン」で本誌「月刊総務」も読み放題
  • ・本誌「月刊総務」も毎月1冊、ご登録いただいたご住所にお届け
「月刊総務プレミアム」で貴社総務部門のレベルアップを

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス