精神障がい者、体調に配慮されるとより働きやすくなるが、開示することでの不利益も 民間調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年09月26日
ogp20230926ka_1

レバレジーズ(東京都渋谷区)は9月25日、就業先への障がい開示についての意識調査の結果を発表。精神障がい者の半数以上が、障がいを開示せずに一般枠で就労していることが明らかになった。

同調査では、障がいを隠して入社した人が職場で障がいをオープンにしたきっかけや、障がいがあることを職場でオープンにしたメリットについて、当事者の声を紹介している。

障がいを開示して働けないのは「不利益な影響が出るから」という事実

障害者手帳を取得者で、障がいを開示せずに正社員もしくは契約社員として働いたことがある人の割合は半数以上(55.4%)。障がいを開示せず、一般枠で就労する「クローズ就労」を選んだ理由として半数近くが、就業先に障がいを開示すると「採用されにくいイメージがある(47.7%)」「応募できる求人が限られる(45.0%)」と考えていることがわかった。

手帳取得後、初めて障がいをクローズで働こうと思った理由(複数回答、回答数300人)
手帳取得後、初めて障がいをクローズで働こうと思った理由(複数回答、回答数300人)

障がい者雇用枠で就労、もしくは一般枠で障がいを開示して就労する、いわゆる「オープン就労」経験者に課題を聞いたところ、トップは「障がいを開示したことで、採用されにくいと感じた」で37.7%。次に「障がいを開示したことで、応募できる求人が限られた(35.4%)」が続き、その順位はクローズド就労を選んだ理由と重なる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス