AIに仕事は奪われたのか? 「ルーティン業務の人数減った」は3割、まだ評価途上 慶応大調査

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年07月05日
AdobeStock_554738338_20230705

慶応義塾大学(東京都港区)は7月4日、企業のAIやロボットなどのデジタル技術の利用状況を調べたアンケート調査の速報を発表した。人工知能やロボットは、これまで従業員が行っていた作業の自動化をはじめ、業務効率や生産性の向上に寄与するものの、企業活動に及ぼす影響は、業務内容による違いが大きいことがわかった。

調査時点では、AI活用の結果、労働者数の削減には至っておらず、ロボットに比べ導入効果がまだはっきりしない傾向が見られる。それでも、3割ほどが仕事量や時間の減少、業務効率の向上を実感していることがわかった。

また、回答企業953社のうち、テレワークを実施しているのは8割弱にのぼるが、実際にテレワークを行っている従業員は過半数が2割未満となり、テレワークの実施者は限定的となっていることも明らかになった。

AIやロボット「作業の自動化による省力化」と「プロセスや手法改善による効率向上」を目的に導入

同調査は、同大経済学部大久保 敏弘教授と公益財団法人NIRA総合研究開発機構(東京都渋谷区)が共同で、2022年12月から2023年2月にかけて実施した。AI(人工知能)や、ロボット、テレワークの利用状況やデータ活用など、デジタル技術利用の実態を明らかにしている。

回答した953社のうち、人工知能(AI)を利用している企業は23%、ロボットを利用している企業は40%となった。

上位に上げられた利用理由は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス