10月から郵便物・ゆうメールのサービス変更 土曜日配達の休止や配達所要日数の繰り下げなど

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月24日
20210924_post

日本郵便(東京都千代田区)が10月1日より、配達日数、送達日数等に関するサービスの見直しを順次実施する。これに先立ち、総務省が改正法等を踏まえた日本郵便におけるサービス見直しの内容について周知をはかっている。

郵便物(手紙・はがき)・ゆうメールのサービスの主な変更点

サービス見直しの概要、および実施時期は以下の通り。

土曜日配達の休止:10月2日(土)から

普通扱いとする郵便物・ゆうメール※について、土曜日配達を休止。特定記録とするものも含まれる。

お届け日数の繰り下げ:10月以降段階的に実施

普通扱いとする郵便物・ゆうメール※について、配達所要日数を1日程度繰り下げ。実施時期などの詳細は日本郵便のウェブサイトで通知予定。

ただし、ゆうパック、ゆうパケット、レターパックプラス、レターパックライト、クリックポスト、速達、書留、簡易書留などは、引き続き土曜日、日曜日、休日も配達し、配達所要日数に変更はない。また、特定記録や国際eパケットライトについて、配達所要日数の変更はないが土曜日の配達を休止することに伴い、現在土曜日に届けられているものは月曜日に変更される。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス