米LinkedInが調査 完全在宅勤務より「ハイブリッド型勤務」を希望する従業員が50%

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年11月02日
mm_20211102

ソーシャルネットワーキングサービスのLinkedInは10月28日、「働き方の未来に関する調査:2021版」の調査結果を発表した。本調査は日本を含む複数の地域で、経営者側と従業員側双方に対して実施。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、世界中の人々が新たな働き方をどのように捉えているのかを探った。

その結果、日本では「在宅勤務に否定的なイメージがある」と回答した人の割合が世界的にも低かった一方で、経営者の21%が「従業員がバラバラに働くことに対して不安を感じている」ことがわかった。21%という数字は、オーストラリア(8%)・インド(4%)・シンガポール(11%)と比較して、アジア太平洋地域の中で最も高い。

柔軟な働き方が広がる中、経営者には「仕事の質が下がる」「従業員同士の信頼度が下がる」などの懸念もあるという。

経営者側と従業員側双方で、働き方の柔軟性にメリットを実感

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス