野村HD、10月から就業時間内は全面禁煙 管理下の喫煙室は年内廃止へ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年09月02日
20210902_a

野村ホールディングス(東京都中央区)が9月1日、就業時間内の全面禁煙を実施すると発表した。

対象は国内の野村グループ全社員で、10月より実施。また、野村グループが管理する喫煙室は12月末までにすべて廃止する。

在宅勤務者も対象との報道も、罰則規定はなし

同グループでは、社員の健康保持・増進を経営的な視点でとらえ主体的に取り組むため、健康経営を推進。受動喫煙の防止や働きやすい環境づくり、社員の健康保持・増進といった観点から実施を決めた。報道によると出社している社員に加え、在宅勤務者も対象となるが、罰則規定は設けないという。

禁煙成功者へのインセンティブ付与予定、すでに禁煙治療の費用補助実施

導入の背景には、同グループの働き方改革と健康経営推進に関する取り組みがある。発表によると、2016年度より「Nomura Work Style Innovation(ノムラ・ワークスタイル・イノベーション)」として一体的に取り組み、多様な人材がその能力を発揮し活躍することができるよう環境整備を推進。その一環として、2018年度より禁煙治療の費用補助といったサポートを拡充するとともに、研修センターの宿泊室内を禁煙にするなど、「分煙」の取り組みを強化していた。さらに、2020年度からは毎月22日を終日禁煙(スワンスワンの日)とするなど、喫煙対策を継続的に進めている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス