社員が受ける小さなストレス、生成AIの「すっきりbot」に話して解決して ベルシステム24

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年07月08日
ogp20240708mo_1

ベルシステム24(東京都港区)は7月5日、従業員が受ける日常の 些細 ささい なストレスの解消に、生成AIを活用する取り組みを始めたと発表した。

「悩みを言語化できてすっきり」社内チャット上のbotとの対話で解消

同社では、2023年4月より社内業務での生成AI活用を開始している。今回開発した「すっきりbot」はその一環で、「ChatGPT-4o」を活用し、社内Slack上で日々の不安を言語化するものだ。

「すっきりbot」はリバネスナレッジ(東京都新宿区)が開発したParty On Slackを使用。プロンプト設計では、ベルシステム24がコンタクトセンター業務において培ってきたコミュニケーションノウハウを使い、利用者が「寄り添ってもらっている」と感じられる会話の出力となるよう、設定を行っている。

全社での実施に先立ち、希望者にβ版の実証実験を行ったところポジティブな評価が多く、アンケートには以下のようなコメントが寄せられた。

  • 相手が「人」ではないので、考えすぎず、素直に思ったことを話すことができる
  • 頭の中でただ考えているよりも、AIに相談しながら悩みを言語化できすっきりした
  • 自身で考えなくてはいけないような質問を投げかけてくるため、自身の考えを深掘りできる

共同作業の急増が原因? 燃え尽き症候群の人が蓄積する「マイクロストレス」14の要因とは

マイクロストレスとは、日常生活において気付かないほど些細な人との交わりから生じて、知らないうちに蓄積していく小さなストレスのこと。人は、1日に20から30のマイクロストレスを与える刺激を受けており、これまで考えられてきた大きなストレスへの対処法ではうまく機能しないという。

世界中の1万1000人以上へ調査を行い、マイクロストレスを発見したロブ・クロス氏らが特定した、ストレスをもたらす対人的な要因は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス