オンワードHD、男性育休取得率2倍に 副業や人事評価などの制度改革・風土醸成が働き方改革のカギ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年08月19日
ogp20220819mo_1

オンワードホールディングス(東京都中央区)は8月18日、同グループ中核事業会社のオンワード樫山(東京都中央区)が実施する社員の働き方改革プロジェクト「働き方デザイン」の2021年度の進捗を発表した。

残業削減や休暇取得、自発的現場改善でコロナ禍以前に戻らない数値結果を維持

同プロジェクトは、既存事業の効率化と未来投資を目的に2019年8月から実施。2021年度は、男性育休取得率は2020年度の国平均12.65%を大きく上回る27.3%を達成したほか、副業制度の導入や人事制度の改定、処遇の改善など、社員一人ひとりの働きやすい環境づくりを行った。

また、10日間の連休取得を推進する「マイゴールデンウィーク制度」の取得率なども2020年度と同水準を維持した。

「働き方デザイン」の実績

社内研修、ガイドブック制定、副業案件紹介、グレード制導入などの取り組み実績

具体的な取り組み実績は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 出社時の座席は抽選。座席管理システムで、固定席からフリーアドレスへソフトランディング PR
  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR

特別企画、サービス