困難な時期だから「人」が根幹 未上場でも人材資本レポートを公表、ワークスアプリケーションズ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月02日
ogp20231102ka_1

ワークスアプリケーションズ(東京都千代田区)は11月1日、人的資本レポートを発表、具体的な採用戦略などを明らかにした。未上場企業だが、レポートを公表することで人的資本経営に注力することをアピールする。

「ポテンシャル」と「マッチ度」を候補者と確認 地方で未経験者を70人以上採用、育成

ソフトウェアハウスである同社は、求める人材像を「クリティカルワーカー」と定義。「高い問題解決能力を持っている」「論理的思考を持っている」「成長・挑戦を重視している」「先例や常識にとらわれない」「社会貢献など高い志を持っている」「 切磋琢磨 せっさたくま できる仲間を求めている」「夢中になれる仕事が好き」な人材を獲得するために、同社では採用選考において、候補者が持つ「ポテンシャル」を見いだした上で、志向や組織風土、スキルや能力へのマッチングを相互に確認し合う。

中途採用では、育成枠として未経験者も採用。首都圏に比べてIT人材が少ないエリアでも70人以上の未経験者を採用した「熊本オフィスでの未経験者採用・人材育成プログラム」では、オリジナルの育成プログラムやOJTでの業務実践、知識のインプットを通じてIT人材に育成。その中には、元プロスポーツ選手や消防士経験者などがいるという。

カムバック再入社を奨励、リファラルやインターンで採用のチャンスを広げる

元社員のカムバック採用やリファラル採用が多いのも同社の特徴。カムバック再入社を奨励する「WAP Connect制度」を2005年から実施しており、元社員にお祝い金を支給。紹介した現役社員にも手当を支給しており、「仲間にはいつでも帰ってきてほしい」という考え方が社内に浸透している。リファラル制度では推薦した社員に手当を支給する。

新卒採用では、2002年から中長期の実践型インターン(有給)を実施しており、優秀な人材との接点を増やすことで、採用のチャンスを広げている。

さらに、採用した人材が高難易度の業務へ挑戦し、問題解決(業務経験)を通して「成長を最大化」できるよう、社員本人への機会提供、コーチングやフィードバックのほか、新卒社員向け育成プログラム「Starter Misson」といった成長プログラムを実施している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス