東京労働局と協会けんぽが連携 働く世代の健康診断受診率向上など、中小企業の産業保健活動を推進

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年07月08日
ogp20240708ka_1

東京労働局は7月4日、全国健康保険協会(協会けんぽ)東京支部と協定を締結したことを発表。健康診断の受診率向上や職場のメンタルヘルス対策の推進などについて、連携・協力して取り組むことを明らかにした。

食生活の改善促進や受動喫煙対策など、中小企業などに対し重要性や取り組み方法を周知

都内中小企業などの事業主に対し、産業保健活動の重要性や、事業場における取り組み方法の周知などをはかる。連携・協力する事項として決められた項目には、食生活の改善促進や、受動喫煙対策、働く世代の転倒災害や腰痛防止などが含まれている。今回、連携協定を結んだ11の項目は以下の通り。

  • 健康診断の受診率向上に関すること
  • 特定保健指導の実施勧奨に関すること
  • 職場のメンタルヘルス対策の推進に関すること
  • 食生活の改善の促進に関すること
  • 受動喫煙対策に関すること
  • 事業所から全国健康保険協会東京支部への健康診断データの提供の促進に関すること
  • 健康診断データ等の分析による課題の抽出・結果の共有に関すること
  • 働く世代の感染症予防に関すること
  • 働く世代の転倒災害および腰痛防止に関すること
  • 独立行政法人労働者健康安全機構東京産業保健総合支援センターおよび地域産業保健センターの利用勧奨に関すること
  • その他、前条の目的を達成するために必要な事項に関すること

産業医の選定義務がない小規模企業、潜む「産業保健情弱」に陥るリスク

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス