取引先との間で発生する「カスタマーハラスメント」 防止対策のための企業マニュアルが無料公開

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年02月28日
4092458_s

厚生労働省は2月25日、取引先等への/顧客等からの著しい迷惑行為(いわゆるカスタマーハラスメント)防止対策の一環として関係省庁と連携し、カスタマーハラスメント対策のための企業マニュアルを作成し公開した。

カスタマーハラスメント防止への取り組み方、事前準備や実際に起こった時の対応などを提示

同マニュアルには、顧客と接することが多い企業へのヒアリングや学識経験者等の議論をもとに、カスタマーハラスメント(以下カスハラ)対策の基本的な枠組みがまとめられている。カスハラを想定した事前の準備をはじめ、実際に起こった際の対応、カスハラに発展させないための対応などが記載されている。

企業や業界により顧客等への対応方法や基準が異なることが想定されるため、カスハラを明確に定義することはできないとした上で、同マニュアルでは次のようなものがカスハラであるとしている。この「顧客等」には、実際の商品やサービスの利用者だけでなく潜在的な顧客も含まれる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス