女性会社員が感じるジェンダーギャップ、第1位は「給与」 不利益感を減らすには?

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年06月29日
AdobeStock_312957858_20230629

アデコ(東京都千代田区)は6月28日、20歳代から50歳代の会社員の男女2000人を対象にした、ジェンダー・ギャップに関する意識調査の結果を発表した。回答した女性の約3割が、これまでのキャリアで「性別を理由に不利益をこうむったことがある」と感じており、不利益をこうむった内容では「給与や賞与に差をつけられた」が半数以上を占めた。

女性の約4割が職場でジェンダーギャップを感じることがある

調査では、自身を性的マイノリティであるとは考えていないと回答した会社員(シスヘテロの会社員)1717人に対し、「現在の職場においてジェンダー・ギャップ(性別により生じる格差)を感じることはあるか」を聞いたところ、女性の38.3%、男性の27.8%が「ある」と回答した。

現在の職場でジェンダーギャップを感じることはあるか?(アデコ株式会社調べ)
現在の職場でジェンダーギャップを感じることはあるか?(アデコ株式会社調べ)

性別による不利益感の改善は喫緊の課題に

「これまでのキャリアで、性別を理由に不利益をこうむったことはあるか」の質問では、女性の30.4%(261人)、男性の7.5%(64人)が「ある」と回答。

具体的にどのような不利益をこうむったかを聞いたところ、女性の回答では「給与や賞与に差をつけられた」が51.3%で最多だった。次いで「正当な評価を受けられなかった」(49.4%)、「ハラスメントを受けた」(46.7%)と続いた。

(女性への質問)どのような不利益をこうむったか?(アデコ株式会社調べ)
(女性への質問)どのような不利益をこうむったか?(アデコ株式会社調べ)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス