新入社員、「ビジネス文書スキル」が最も苦手に 一方で「考える力」は伸びているという調査結果

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年11月17日
AdobeStock_237348250_20231117

インソース(東京都荒川区)が11月15日、新入社員1万人以上から集計したスキルアセスメントの分析結果を発表。新人が潜在的に持っている課題について、近年の傾向を明らかにした。

年々下降し、ついに「最も苦手」に転落した「文書スキル」

近年の新人の傾向や人事担当者の悩みを基に、「組織内で即戦力となるために、目指すべき1年目社員の姿」に到達するために必要なスキルを同社が8つ定義。可視化するために「新人8大スキルアセスメント」で得られた1万2092人の回答結果を点数化し、各スキルの偏差を分析した。

同社が定義した新入社員に必要な8大スキル

  • ビジネスマインド
  • ビジネスマナー
  • 仕事の進め方
  • 文書スキル
  • 対人スキル
  • 伝えるスキル
  • 考えるスキル
  • PCスキル

2023年度、新入社員が「最も苦手」と評価されたのは「文書スキル」だ。27.8ポイント(平均点、以下同)だった2020年度をピークに下降傾向だったが、2023年度は前年よりさらに0.2ポイント下がった。8スキルの中で最も低い数値を出したのは、調査開始以降初めて。同社は「ビジネス文書力の低下は、ここ数年継続的な課題だ」と指摘する。

年度ごとのスキルの推移
※画像クリックで拡大

前年比プラスに転じた「ビジネスマナー」、「考えるスキル」とともに上昇傾向

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス