日本製鉄、「社内業務はワクチン接種者のみ」に その分ソーシャルディスタンスは短く

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年12月21日
414851961_800

日本製鉄(東京都千代田区)は12月20日、新型コロナウイルスのワクチン接種者か、検査で陰性が確認された者が同社施設内の業務を行うよう、働き方を見直すと発表した。

この見直しは、新型コロナウイルス感染症の影響が続くなか、未接種者を含めた全社員やステークホルダーの安全と健康の確保に万全を期すことが目的だ。

ワクチン接種者はソーシャルディスタンス2m → 1mに

今回の見直しの対象は社内者・社外者を問わない。また、ワクチン接種の有無に関わらず、勤務等の制約を一部緩和することによって、より生産性の高い働き方に移行していくとしている。

ほか、同社が発表した働き方の見直しの主な内容は以下の通り。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR
  • Web会議の悩みは「テレキューブ」で解消! ポストコロナを見据えた会議室の在り方 PR
  • 「電話」が変われば働き方も変わる! 固定電話の悩みを解決 Teams電話でリモートワークを一気に加速 PR

特別企画、サービス