大東銀行が「健康経営宣言2021」を策定、従業員の健康促進で企業価値の向上へ

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月25日
20211022_kenko_ogp2

大東銀行(福島県郡山市)は10月15日、「健康経営宣言2021」を策定したと発表した。同宣言は、従業員およびその家族が健康でいきいきと働ける職場環境を整えることが、組織の活性化をもたらし企業価値の向上につながるとの考えから、同行の健康への取り組みを経営として明確化したもの。

健康経営は、「労働者の健康が企業の生産性向上に結びつき、経営の改善につながる」というもので、政府が日本再興戦略・未来投資戦略に位置づける「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つ。経済産業省で「健康経営優良法人認定制度」を創設するなど、さまざまな取り組みを行っている。

同省は、企業が健康経営への取り組みを宣言するメリットとして、その姿勢を「見える化」させることで従業員や求職者・関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として、社会的評価が受けられることを挙げている。

大東銀行「健康経営宣言2021」

同行の「健康経営宣言2021」前文では「企業理念の実践を通じてお取引先と共に新たな価値を創造し、地域社会の豊かな未来を実現」するとし、同行に関わる人々が心身ともに健全で活気ある社会生活、家庭生活を営むことが極めて重要であるとの認識のもと、従業員およびその家族の健康の保持・増進に積極的に取り組むことを名言している。

本文は4つの柱で構成される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス