働き方・休み方改革や、勤務間インターバル制度について学べるシンポジウム 厚労省が2月に開催

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年01月07日
20220107_1_ogp

厚生労働省は、事業主や企業の人事労務担当者等が働き方・休み方改革への取り組み方を学べるシンポジウムを2月3日に、「勤務間インターバル制度」について学べるシンポジウムを2月18日にオンラインで開催する。

両シンポジウムともに参加は無料。詳細は下記の通り。

働き方・休み方改革を定着化させている企業事例がわかるシンポジウム

「働き方・休み方改革シンポジウム」では、基調講演のほか、下記どちらかのセッションに参加できる。

セッション1「働き方・休み方改革と健康経営」では、選択的週休3日制やテレワークに加え、「健康経営」に働き方や生産性などを絡めていく取り組み方について学ぶことができる。

セッション2「働き方・休み方改革のより一層の推進に向けて」では、働き方・休み方改革を形骸化させることなく、自社の状況をふまえて確実に推進し効果を継続、定着化させている企業等の事例を紹介する。

各セッションとも事例紹介企業の講演の後、パネルディスカッションがある。

開催日時は2月3日(木)13:30~15:35、Zoomによるウェビナーのほか、YouTubeのライブ配信も実施される。プログラムは次の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス