法定保存文書の保存期限別一覧、2022年4月最新版が公開 帳簿・書類などの保管・処理に便利

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年04月25日
20220425_ogpso

株式会社月刊総務(東京都千代田区)は4月22日、法定保存文書の保存年限別一覧を2022年4月時点での最新版に更新した。

「月刊総務オンライン」内コンテンツ「総務辞典」の「総務」の項目内に格納されており、保存管理下の社内文書に保存期間の変更がないかなどが確認できる。

法定保存期間ごとにまとめられており、文書の管理・保管・処理に便利

「月刊総務オンライン」の「法定保存文書の保存年限別一覧」は、1年、2年、3年、4年、5年、7年、10年、30年、永久保存文書と、保存期間ごとに項目がまとめられており、法廷保存文書にあたる書類の再確認や保存期間に迷ったときなどに役立つ。

「総務関係」「人事労務関係」「経理関係」「営業関係」と内訳も分類されている。内容に関連する記事へのリンク先もそれぞれにまとめられているので、そちらも参考にできる。

法定保存文書の保存期間は文書によって異なるため、保存期間が満了する前に間違って廃棄したり、紛失したりしないように気をつける必要がある。

また、法律で定められた期間が過ぎた後も契約書を保存し続けると、増え続ける契約書を管理しきれなくなった結果、紛失に気がつかずに情報漏洩につながるといったリスクもある。各ページへのリンクは下記の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 通話内容を解析・可視化するAIツールで、リモートワークのコミュニケーション課題を解消! PR
  • ファンケル、企業の健康課題にあわせて、多様なサービスで健康経営をサポート! PR
  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR

特別企画、サービス