みずほ銀行、スキルマーケットのココナラと合弁会社設立 法人向けに人材不足解消をめざす

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年09月13日
AdobeStock_492532242_20230913

ココナラ(東京都渋谷区)とみずほ銀行(東京都千代田区)は9月12日、法人向けスキル・人材マッチングプラットフォームの運営・開発を行う合弁会社「みずほココナラ(東京都渋谷区)」を、2024年1月末をめどに設立すると発表した。

今後は、ココナラが得意とする業務委託や人材マッチングのノウハウを活用し、法人向けEC型スキルマーケットの提供を通じて、みずほ銀行の顧客企業が抱える人材不足と、多くの領域にわたる細かななビジネスニーズへの対応などの課題解決をはかっていく。

300万人以上が利用する日本最大級スキルマーケットの幅広いネットワークを活用

ココナラは、デザインやITなどの専門的なスキルを持つ人材を、個人・企業とマッチングするスキルシェアサービス「ココナラ」を展開している。「ココナラ」は、自身のスキルを売ったり他人のスキルを買ったりできる、いわゆるスキルマーケット。会員数は300万人以上、カテゴリーは450種類以上、サービス出品数は40万件以上と、日本最大級の規模を誇る。

同サービスを活用することで、購入者・出品者は、たとえば以下のような機能が利用できる。

購入者ができること

  • 出品サービスの購入:出品されているサービスを比較しながら簡単に購入できる
  • 見積り依頼:購入前に見積もりが依頼できる。カスタマイズの相談も可
  • 提案を募集:仕事の依頼内容を投稿することで、最適な提案をマッチング
  • 記事の閲覧・購入:出品者が書く記事などを参考にサービス購入を検討できる

出品者ができること

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス