テレワーク向けに打刻時の勤務場所登録ができる勤怠管理ツール 経費精算向けに電子帳簿保存法へも対応

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年08月11日
laptop-336373_1920

チームスピリット(東京都中央区)が8月5日、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」の新バージョン「TeamSpirit Summer’21」の提供を開始した。

「TeamSpirit」は、勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化した同社が提供するクラウドサービス。

テレワーク時代の勤怠管理に対応した「勤務場所登録機能」

新バージョンには、「勤務場所登録機能」を標準搭載。多くの企業がテレワークの導入を進めていることを踏まえ、機能をアップデートさせた。従業員が日々の勤怠打刻と同時に働く場所を登録できるため、管理者は従業員がどこで働いているのかをリアルタイムで把握することができる。

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

著者プロフィール

  • g-soumu-editors-portrait

  • 月刊総務 編集部

  • パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


特別企画、サービス