サイボウズがDX人材育成ガイドラインを公表 京セラや星野リゾートの事例も紹介

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年08月29日
illustAC_23155374_20230829

サイボウズ(東京都中央区)は8月28日、企業のDX責任者・推進者を対象に、企業のDX人材育成のためのガイドライン「DX人材育成ガイドライン ―ノーコード活用の先進事例―」をエン・ジャパン(東京都新宿区)と共同執筆し、無料公開したと発表した。

デジタルの知識やスキルだけでは足りないDX人材

ガイドラインでは、DX推進のための人材は、プログラミングやAIといったデジタルの知識・スキルをもっているだけでは不十分であり、自社のビジネスを理解し、解決策をデジタルで形にするスキルを持つ必要があるとし、「DX人材育成には、デジタル(D)の知識やスキルだけでなく、組織変革(X)スキルの育成も必要となる」と指摘している。

DX人材とは(ガイドラインより抜粋)
DX人材とは(ガイドラインより抜粋)

経産省の「デジタルスキル標準」では、DX推進を担う役割として「ビジネスアーキテクト」を定義しており、その役割として「新規事業開発」「既存事業の高度化」「社内業務のデジタル化」の3つが設定されており、中でも「社内業務のデジタル化」は、既存事業の高度化や新規事業開発の土台を担う、DX戦略の共通基盤として位置づけられている。

ガイドラインは、「社内でDXを推進していくためには、DXの発展段階で求められる人物像は異なる」と指摘。社内のDX発展段階を「開始期」「試行錯誤期」「発展拡大期」に分けると、初期段階の「開始期」には、「前例がなくても動ける、主体的な人材」がプロジェクトをけん引することになり、「一騎当千」の人材がプロジェクトには不可欠としている。

DX発展段階と求められる人材像(ガイドラインより抜粋)
DX発展段階と求められる人材像(ガイドラインより抜粋)※画像クリックで拡大

DX推進に不可欠なのは、人材のアサインと「非IT職人材のデジタルスキル習得」

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス