ハラスメント意識が高まると女性は働きやすく、男性は働きにくい? 民間調査で男女の違い露呈

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年03月26日
29316353_m

マーケティングリサーチ事業を手掛ける日本インフォメーション(東京都中央区)は3月25日、ハラスメントに関する意識調査を発表した。23歳から65歳の男女1025人を対象に、ハラスメントへの意識や世の中に浸透しているハラスメントの種類などを調査。回答結果から、ハラスメントへの意識の高まりによって男女で働きやすさへの意識に違いがあることが浮き彫りになった。

75%がハラスメントの意識の高まりを実感、年代別で違いも

調査ではまずハラスメントの意識の高まりについて質問。「意識が高まってきたと感じる」が38.3%、「やや意識が高まってきたと感じる」が36.8%で、全体の4分の3(75.1%)が意識の高まりを感じていた。

年代別では、年齢が上がるほど意識が高まる傾向が見られた。これに対して同社では、20歳代はハラスメントに気を付けることが当たり前になっている一方、年齢が高い層については「昔の不適切が飛び交っていた時代と比べると意識が高まってきた」と分析する。

ハラスメント意識の高まりについての調査結果
ハラスメント意識の高まりについての調査結果(※画像クリックで拡大)

男性は半数以上が働きにくく、女性は6割以上が働きやすくなった

ハラスメントに対する意識の高まりは、働く環境にどのような影響を与えたのだろうか。同調査ではハラスメント意識の高まりに伴って働きやすさに違いがあるかについて尋ねた。その結果、男女の回答で違いが鮮明に現れた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス