勤務時間が短い障がい者も雇用率算定対象に 障害者雇用調整金・奨励金などの見直しも検討

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年06月20日
3734366

厚生労働省 労働政策審議会は6月17日、現在は雇用義務対象外である所定労働時間が週10時間以上20時間未満の障がい者を事業主が雇用した場合、実雇用率の算定に含められるよう厚生労働大臣に提言した。

厚生労働省では提言の内容を踏まえ、障がい者雇用施策の見直しを図る。

週の労働時間が短い従業員でも障がい者雇用率に算定可能に 一方、特例給付金も廃止に

同審議会は今回取りまとめた意見書で、所定労働時間が週10時間以上20時間未満の重度身体障がい者、重度知的障がい者、精神障がい者を事業主が雇用した場合、実雇用率の算定に含めることができるようにすることを提言した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 企業のDXを加速させる社用車管理システム 非対面で安心・安全な鍵管理を PR
  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR

特別企画、サービス