洋服の青山、1万2000人の仕事服図鑑をリリース TPOに合わせたスタイルが検索できる

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年06月07日
AdobeStock_403972348_20231027

「洋服の青山」などビジネスウェア事業を展開する青山商事(広島県福山市)は6月6日、ビジネスパーソンの仕事服選びをサポートするウェブサイト「みんなのシゴト服ずかん」を開設した。

「その場に合った服装なのか不安」「コーディネートがわからない」などの悩み

青山商事は2023年12月21日、「洋服の青山」と共創コミュニティ支援サービス「NewsPicks Creations」が運営するコミュニティ「シン・シゴト服ラボ」を通じて、20歳代から60歳代までのビジネスパーソン9683人を対象に、業界・職種・年代・シーン別の仕事服に関する調査を実施した。

その結果、社外の人と接する仕事服については、業界・職種・世代で顕著な違いはなかったが、以下のような傾向が見られた。

  • 通年:男性は濃色スーツ・ネクタイなどのかっちりした服装(スタイル1)、女性はジャケットなしの自由度が高い服装(スタイル10)が多かった
  • クールビズ期間:男女ともに多かったのは、ジャケットなし襟付きシャツ(スタイル9)など。男性では、濃色スーツなどのかっちりした服装(スタイル3)、女性ではジャケットなしの自由度が高い服装(スタイル10)が多かった
社外の人と接するときの仕事服(通年)
社外の人と接するときの仕事服(通年)(※画像クリックで拡大)
社外の人と接するときの仕事服(クールビズ期間)
社外の人と接するときの仕事服(クールビズ期間)(※画像クリックで拡大)

社内業務時についても、業界・職種・世代で顕著な違いはなかった。多かったスタイルは、以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス