犬がいるオフィス環境では脳が活性化 65%が交感神経が優位に働き生産性アップ?! 実験結果

月刊総務 編集部
最終更新日:
2023年05月23日
ogp20230523ka_b1

高精度ストレス計測器を用いたメンタルケアサービスを提供するSEN(東京都中央区)は5月22日、犬と働けるオフィス環境では、仕事における生産性が6割以上アップするという実験結果を発表した。

犬好きかは関係なし、触れ合うことで交感神経が優位に変化

犬と触れ合ったあと、そして犬のいる環境で仕事をしたあとでは脳が活性化。64.7%の被験者が、交感神経が優位に変化した。犬に対する好意の有無や犬を飼っているかどうかにかかわらず、自律神経のバランスが、交感神経寄りに移行する傾向が見られたという。

そのため、たとえば昼食後のような、副交感神経が有利に働いているときに犬と触れ合うと、交感神経の働きが高まり、午後の仕事の生産性を大きく高める可能性があると述べている。

実験参加者からは、「お留守番させていると、夜もなるべく早く帰らなきゃと焦る気持ちが常にあるけど、一緒に働けると様子がずっと見られるから、逆に仕事にも集中できています」「室内で一緒に過ごせる場所、働ける場所があることはさまざまな働き方を選べる時代に必要なこと」という意見が挙がった。

ペットに触れ合う前後におけるLH(交感神経)/HF(副交感神経)

自律神経の乱れを可視化し、組織のメンタルヘルスの課題を発見

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 災害への備えは平時から。企業の防災担当者を強力にサポートする東京都のサービスとは PR
  • 事例:社用車管理のペーパーレス、コスト削減、ドライバーの働き方改革を実現するBqeyとは PR
  • 何気なく選んでいる複合機、それでいいの? ビジネスプリンターの新潮流「インクジェット」の魅力 PR

特別企画、サービス