大東建託がダイバーシティ経営の報告書公開 コアタイムなしフレックス、建設業界初のクォータ制など

月刊総務 編集部
最終更新日:
2022年07月04日
ogp20220704mo_1

大東建託(東京都港区)は6月30日、同社のダイバーシティ経営に関する2021年の活動報告を公表した。

工事職にコアタイムなしフレックスタイム制度を導入

報告書によると、同社では2021年6月、建設現場の現場管理を行う工事職の従業員を対象に、コアタイムのないフレックスタイム制度「フリーフレックスタイム制度」を導入した。

同社のフリーフレックスタイム制度は、1か月の所定労働時間(7.5時間×営業日数)を満たせば、定時に関係なく、7:00〜20:00の時間帯でいつ出社・退社してもよい制度。コアタイムに関係なくより柔軟に勤務できる同制度により、天候の影響や近隣との工事時間の協定等、現場の事情に影響を受けやすい工事職がより柔軟に勤務しやすくなった。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • オフィスの課題解決はデータ収集から 社員の位置情報を自動で管理しフリーアドレスを効率化 PR
  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR

特別企画、サービス