業務効率化とサービス残業検知が可能に 勤怠管理の「oplus」が「Chronowis」と連携

月刊総務 編集部
最終更新日:
2024年04月11日
news20240411c

Oplus(オプラス、東京都渋谷区)は4月10日、パナソニック ソリューションテクノロジー(東京都港区)とのデータ連携開始を発表した。Oplusはシフト・勤怠管理DXサービス「oplus」を提供。パナソニック ソリューションテクノロジーが提供する長時間労働抑止システム「Chronowis(クロノウィズ)」とデータ連携することで、勤怠・労務領域のDXを推進していく。

連携によって「業務の効率化」「サービス残業の検知」が可能に

勤怠管理システムなどさまざまなシステムとの連携ができ、打刻や出退勤記録ができる「oplus」と、パソコンの利用制限と稼働ログの取得により長時間労働の抑止を支援する「Chronowis」が連携することで、担当者の業務の効率化ができるほか、サービス残業の検知が可能になる。

オプラス提供
Oplus提供

具体的には、「oplus」に記録されている従業員データや勤怠データを「Chronowis」に取り込むことが可能になる。これにより、担当者はアカウント発行・削除・情報変更に加え、従業員の勤怠記録といった作業の手間を減少することが可能になるという。

また、「oplus」での打刻・勤怠記録が「Chronowis」に連携されることで、パソコンのログデータとの照合が可能になる。その結果、勤怠記録とパソコン利用状況との差分などによって、サービス残業を検知することができるようだ。

「oplus」は100人まで無料、有料版では自動シフト作成機能も

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • 大切なのは「自社ならでは」のオフィスづくり 社員の「心」を解析すると幸せな働き方が見えてくる PR
  • 「働きがいのある会社」トップ企業のハイブリッドワークの形 戦略総務を実現できるデバイスとは? PR
  • コスト削減だけじゃない! 働き方が変わり、コミュニケーションも生まれる「照明」のすごい効果 PR

特別企画、サービス