法人向け「出張インフルエンザ予防接種」サービス 首都圏を中心に11月限定で実施

月刊総務 編集部
最終更新日:
2021年10月29日
2665617_800

法人向け健康経営支援サービス「ヘルシースタンド」を展開するサステナブル・プランニングは、医療機関と提携し、首都圏の法人・団体向けにインフルエンザワクチン予防接種の出張サービスを開始。今年のワクチン供給数は前年比8割程度となるため、11月限定でのサービス提供となる。

企業の健康施策を支援 「着実な予防接種」を推進

新型コロナウイルスのワクチン接種状況は70%を越え(2021年10月28日時点)、インフルエンザなどその他の感染症対策も必要な時期となった。

季節性のインフルエンザは、例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎える。今年のインフルエンザワクチンの供給数などを考慮すると、各企業は11月を目処に従業員のワクチン接種の推進を検討する必要がある。なお、新型コロナウイルスのワクチンと他のワクチンの接種までの間隔は、2週間以上空けることと定められている。

同サービスは、商談および接客などによる感染リスクの多い業種、また、例年、社内での感染症流行に悩む企業に対し、オフィスなどに出張してインフルエンザワクチンの予防接種を行うもの。昨年の試験的な運用を経て、今回、正式にスタートすることとなった。

同社によると、同サービスの利用により、同日同時間に広く従業員にワクチンを接種することによって、集団免疫が形成されやすく、懸念されている二種のインフルエンザのうち、一種のウイルスに対するリスクを下げることが可能になるという。社内クラスターの発生を防止し、業務の停滞を防ぐことに繋げてほしいとしている。

オフィス出張インフルエンザワクチン予防接種

サービスの概要は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・組織の強化・支援を推進する記事が読める
  • ・総務部門の実務に役立つ最新情報をメールでキャッチ
  • ・すぐに使える資料・書式をダウンロードして効率的に業務推進
  • ・ノウハウ習得・スキルアップが可能なeラーニングコンテンツの利用が可能に
無料の会員登録で効率的に情報収集

※掲載されている情報は記事公開時点のものです。最新の情報と異なる場合があります。

著者プロフィール

g-soumu-editors-portrait-webp


月刊総務 編集部

パンデミック、働き方の変化、情報技術への対応など、今、総務部門には戦略的な視点が求められています。「月刊総務オンライン」は、そんな総務部門の方々に向けて、実務情報や組織運営に役立つ情報の提供を中心にさまざまなサービスを展開するプラットフォームです。


関連記事

  • Zoomが提供する未来を見据えたコミュニケーションのプラットフォーム「Zoom Phone」 PR
  • 1つのアプリで電話も会議もブレストも Webexで実現するEX向上 PR
  • ハイブリッドワークで準備すべきオフィスファシリティとは PR

特別企画、サービス